東京寄席
「よせ」と言われたところでやめない演芸噺

第8回
東京寄席正月第壱回興行
「正月壱の席−新春顔見世興行」(1)

あけましておめでとうございます。
席亭の横山でございます。
昨年中は皆様方には、大変お世話になりました。
本年もこの東京寄席をご贔屓賜りますよう、
心からよろしくお願い申し上げます。

さてさて、東京の寄席のお正月は「顔見世興行」といって、
いつもより多くの芸人さんが登場し、
とても賑やかなんですよ。
まぁ、その分持ち時間は短いんですが。
というわけで、東京寄席も顔見世興行風に
これから何回か、いくつかのネタを
いつもより短めにお届けしようと思います。

出し物その壱―「お勧めの芸人さん」
今回お勧めの芸人さんは漫談のローカル岡さんです。
年明け早々、日テレ系で放送された
「いろもん」スペシャルでご覧になった方も
いらっしゃるかもしれません。
東京の芸人さんの中には
茨城訛り、栃木訛り、東北訛りを武器にされる方が
結構多いですよね。
それらの方々の特徴といえば、独特のほのぼのした芸風。
ところがローカル岡さん(茨城県出身)、
確かに独特のほのぼの感はあるのですが、
喋っていることは結構鋭かったり、毒舌だったりで、
そのいかにもという感じの
「芸人さん」らしい風貌や仕草とのミスマッチとが、
とても面白いんですよねぇ。
今年はひょっとしたら、
ブレイクするのではないかと密かに期待しております。
ひとつよろしくお願いします、高田先生。

あっ、正月興行だけにもう時間が。
お後いっぱいでございます。
ではでは。

2002年1月好日
東京寄席席亭 横山 講志

※ 東京寄席は今、落語を応援しています。

(第9回につづく)

01/13/02 UPDATE

戻る