試合会場・練習場ガイド
東京を目撃せよ。

国立スポーツ科学センター 西が丘サッカー場
北区西が丘3−15−1
TEL 03−5963−0203
9,038人収容(うち立ち見席が2,938)

1972年、「国立西が丘競技場」の主要施設として
完成した関東初の本格的サッカー専用スタジアム。
JSL、高校選手権など長年日本サッカーの殿堂として親しまれてきた。
現在は2001年に発足した「国立スポーツ科学センター」の管轄となっている。
このピッチとの近さを東京スタジアムでは味わえないのが残念。
サッカーの「音」が聞こえる喜びを堪能しよう。
メインスタンドのごく一部が椅子席、ゴール裏は立ち見席、
それ以外の席は12人掛けの長椅子席。
■交通手段
  • 都営地下鉄三田線本蓮沼駅から徒歩8分
  • JR埼京線十条駅から徒歩20分またはタクシーで10分(1000円程度か)
  • JR赤羽駅西口1番バスのりば−王子駅行き:西が丘派出所前下車
  • JR赤羽駅西口3番バスのりば−池袋東口行き:車庫入口下車
  • JR赤羽駅西口3番バスのりば−西が丘競技場行き:終点下車
    (赤羽駅からの乗車時間はいずれも約10分)

鉄道時刻表リンク←最寄り駅は「本蓮沼」「十条」「赤羽」


西が丘競技場の周辺図
正門が入場口です。有料試合の場合、チケット売り場はここ。
状況に応じて北門も開放される時があるようです。
(1)正門を入ったところに軽食やドリンクを扱う売店があります。
(たまに閉まっていたりするので注意)
(2)商店街でコンビニが3軒に総菜屋、弁当屋もあります。
(3)コンビニ(ローソン)があります。
サッカー場からこちらに向かってこの先も進んでいくとJR埼京線の十条駅。
(4)ホーム側ゴール裏
(5)J2時代はこの位置の階段が退場口として開門されることがありました。

02/20/05 UPDATE

戻る