サッカーのみかた。
「サッカーおじさん」のひとりごと

第7回
Jリーグ、天皇杯、これでいいの?(その2)

いつもつきあっていただいている皆さん、
毎度の事なんだけど(苦笑)、続きが遅くなってごめんなさいね。
前回つぶやいたあと、正月を迎えて、正月ボケっていうの?
更新を怠けちゃっただけで、
体調を心配してくれてる人もいたんだけど、
全然、普通なんで大丈夫です。
え、おれは心配してない?、失礼しました。
でもまだこれ、前回の続きなんで、
天皇杯のことをもうしばらくつきあってください。
まだいい足らないんで。

あのね、今の天皇杯観てると、元締めの人たち、
ホントにサッカーをどう考えているのかって言いたいの。

そもそも天皇ってつくタイトルのある種目いくつある?
おじさんの知ってるだけでも、国体の総合優勝とか、
大相撲に競馬、あと多分柔道でしょ、4月29日やってるやつ。
(4月29日が昭和天皇の誕生日だ、
 って注釈しないと最近はわかんない場合も増えたよね)
その他はあまり聞いた事ないんだけど、それにしてもだよ、
天皇杯をもらっている、ということを
元締めの人たちはどう考えてるのかね。
日本サッカーで一番大きな大会なわけだよ。
まして全国で、社会人や大学、高校まで予選やって、
中央大会上がって、って夢を持ってがんばろうって
一生懸命プレーして、大会に参加してる。
なのに、Jリーグってプロ名乗ってるリーグは
途中から出てくる。
それはそれでいいのかもしれないけど、
出てくるチームは問題だらけ。
だってそうでしょ、リーグが終わると、
もう今年のサッカーは終わった、って感じなんだから。
リーグが終わった途端、
監督は辞めるとか、何処かのチームに行くとか、
選手も戦力外とか、移籍とか、契約がどうのこうのやってる。
でもね、こんな状態で
この大会がこのチームで最後の試合だ、とか、
これでチームとして試合に集中できるの?
賞金もそれなりに出るし、名誉もついてくる、
アジアのカップウィナーカップにも出られるから、
決勝狙えるチームなら少しは集中できたり、まとまるんだけど、
決勝狙えそうにないチームなんかだと、
どうでもいいって感じにならない方がおかしいもんね。
去年、一昨年のどこかのチーム(わかりきってるか)はいい例。
2002年の天皇杯は結果出して、J1だ、って、
ちゃんと見せてみろって思うよ。

でも、決勝、清水のクラブが勝って優勝してくれたのは
良かったんじゃない、元締めの人たちにとっては。

(第8回につづきます)

03/27/01 UPDATE

戻る