R.YASUDAの高校サッカー万才!
学校スポーツを、そしてダイヤの原石を、見る。

第81回大会編(その2) 1回戦(12/31):駒場

今年も高校サッカーが開幕しました。
諸般の事情により31日の1回戦は駒場スタジアムへ。
地球環境高校対立正大湘南高校、
山形中央高校対日生学園第二高校
の2試合を取材しました。

地球環境高校は、
「ひたむき」「失うものは何もない」
という風にチーム紹介がされていますが、
実際にこの目で見ても、まさにその文言そのもののチームでした。
とにかく食らいつく、食らいつく。
だが、だからといって
そういった「がんばる」だけのチームではなく、
そこに松本監督ら首脳陣の頭脳がプラスアルファされるのであります。
この立正大湘南高校戦も、相手チームをしっかりとスカウティングし、
スタミナが余り無いという弱点を見出し、
そして前半を0‐0で終えたとしても、
「前半を凌げば」という心づもりで試合に挑んでいました。
しっかりとした準備ができていたこともあって、
心理的な余裕がありました。
後に述べますが、山形中央の事情を考えると、
3回戦進出の可能性も十分にありえそうです。

さて、2回戦を見る方に地球環境高校のサッカーを説明すると、
システムは3−5−2。
カウンターからの積極的な速攻を得意とするチームでした。
守備では、読みの良い松岡(5)が一人余る
リベロの形で相手攻撃を読み、自分の判断でポジショニング。
相手のFWに対しては、
西田(8)と上本(6)の二人のDFが
しつこいマンマークで自由を奪おうとします。
そしてボールを奪うとシンプルに前線へ。
佐伯(13)は器用な選手では決して無いが、
労を惜しまず前線を動き回ることができる貴重な選手であり、
そこに下司(9)が積極的なドリブルで
ゴールをどん欲に狙っていきます。
そして注目は左サイド。
ウイングバックの高橋(2)が、
これでもかと言うくらい積極的にオーバーラップ。
そしてセンタリング。
流れの中でありましたが、
知らぬ間に逆サイドの右サイドからセンタリングをあげていた
なんて言うこともあった程でした。
この高橋、試合を見る方は要注目でしょう。

もう一試合、山形中央高校対日生学園第二高校の試合は、
山形中央高校が前半のビハインドを跳ね返しての逆転勝利。
山形県勢として10年ぶりに初戦突破を果たしました。
その功労者は後半から出場した菅井(8)。
卒業後は仙台へ進むことが決まっている選手です。
後半頭からエースの菅井がピッチに立ったことで、
周りの選手も落ち着き、前半以上にパス回しも潤滑に。
そして菅井自身も左サイドからのパスを右足で浮かし、
そのまま左足のボレーで強烈なシュートを見舞うという
スーパーゴールで勝利に貢献しました。

しかし、なぜ菅井のような素晴らしい選手が
後半からの出場になってしまったかと言うと、
天皇杯の1回戦で右足の親指付け根を骨折してしまい、
ドクターからは出場へGOサインが出ているといえども、
本人はまだ足が痛い状況にあり、
この試合でも足にパットを入れて、固めた状態であったからです。
そして怪我をして以降は
軽くボールを触れる程度しか動いてない状態。
さすがに1ヶ月も
本格的なトレーニングをしていないということもあって、
後半30分程度で心臓が痛い状況だったとのことでした
(その状況でもあんな凄いゴールを決めるのは
 素晴らしい選手の証でもありますが)。
2回戦以降について木村監督は、「もう使わない」と発言するほど。
この発言の真偽は分かりませんが、どちらにしろ、
菅井を長時間使える状態でない事は確かだと思われます。

(つづく)

11/15/02 UPDATE

戻る