二股!
荒川裕治によるフットボールコラム

シーズン突入

いよいよ各クラブとも2002シーズンのスタートを切りました。
東京もすでに17日にスタートし、
現在、石垣島でキャンプを張っています。
初日に顔を出しましたが、いきなりミニゲームをするなど
原新監督は精力的に動いていました。

聞くところによると、
元浦和レッズのペトロビッチ(オランダリーグ・RKC)は
原さんが東京の監督に就任したことについて、
「原、グッド!」と言っていたとか。
しかし、関係者の話によると
「それはただ練習がラクだったから」
という理由だったからだそうです。なんだかなぁ。
まあ、そういう古い話は一蹴して、
いやヘディングで蹴散らして、頑張っていただきたいものです。
一応、2月に入ってから
インタビューを行うことになっています。
キャンプの収穫、さらには今後の展望を聞きだしたい
と思っているところです。

アルディージャも、21日、どしゃ降りの中でスタートしました。
ヘンドリック・デュット、通称ヘンク新監督のもと、
今までに無い緊張感溢れる練習に、
見ていた関係者、皆びっくりしていました。
午後の記者会見でその充実感漂う練習に言及されると、
「あれは初日の練習。
 あれで充実していると言われるのはおかしい。
 あくまでも初日の練習」
と強気の発言。これには、場内には一瞬緊張感が走りました。
思いきり昨年までを(いや、この2年の)
否定をされているようでしたからね。
そんなヘンドリック監督ですが、
顔に似合わず(!)非常にフレンドリーです。
先日インタビューを行いましたが、
ウイットに富んでおり、かつ熱い人物で好感を持ちました。
やってくれそうな予感がします。

ということで、
現在はアルディージャのイヤーブック製作の真っただ中。
同時にタイミングよく(苦笑)
隔月のオフィシャルマガジン「VAMOS」も抱えています。
もちろん、他にもありまして、
代表の鹿児島合宿など行っていられる状態ではありません。
2月のポーランドも行っていられないでしょうし、
困ったことに3月のウクライナ戦も危ない状況になっています。
それでも、2月に入ると宮崎に行ったり、
御殿場に行ったりするんですね。

とにかく頑張っています、ハイ。

(つづく)

01/28/02 UPDATE

戻る